元Google社員のポーランド人が語る働き方とは?

元Google社員のポーランド人が語る働き方とは?

働き方改革が昨今叫ばれているが、もとGoogleの日本在住歴17年のポーランド人の視点で日本人の働き方に対して提案する本書「ニューエリート」を紹介します。

ピョートル氏はポーランド出身で外資系金融機関などで働いた後、

Googleで人材開発に携わり、独立したというピョートル・フェリクス・グジバチ氏。

モルガン・スタンレーでスーツでキメて働いた一方、

Googleに入ってからは黒シャツとジーンズをトレードマークにして働いたりした経験から「ニューエリート」を定義しています。


 

ニューエリートとオールドエリートの違い

ピョートル氏はこれからの時代のリーダーとなるニューエリートと

旧時代の成功型であるオールドエリートを定義しています。

  • ニューエリート:利他的・社会貢献・オープン・ルールを作る・ミニマリズム
  • オールドエリート:強欲・ステータス・クローズド・ルールを守る・誇示的消費

ピョートル氏のいうオールドエリートは平たくいえば、

  • 有名大学を出て、
  • 大手企業に入社するというステータスを得て、
  • 閉じたコミュニティの中で働き、
  • 成功し、お金を手にすればブランド物を買うなどの消費をする

タイプの人々を指しています。

(「成功」以外は、まさに私のこと?笑)

その真逆がピョートル氏の定義するニューエリートになるわけだが、

なぜニューエリートになることを推すのでしょうか。

新時代のエリート像

これからの時代はAI化などのIT活用が更に進んでいき、

ホワイトカラーの働き方は変化を迎えようとしています。

特にこれまで日本のオールドエリートが得意にしていた

「既存の技術・システム・ノウハウを伸ばすような仕事」はAIに置き換わってしまうため、0から1を生み出す仕事がこれからのニューエリートの働き方だとしています。

  • AIに取って代わる仕事:1を10にする仕事 (オールドエリートの働き方)
  • AI時代も生き残る仕事:0から1を生む仕事 (ニューエリートの働き方)

0から1にする仕事の例として、

ぜひとも水不足・食糧不足などの社会課題に挑戦してほしいとピョートル氏は言います。

サラリーマンの私の感想

私自身、何を隠そう、東大を卒業して、普通に日系企業に就職しています。

まさにこの本の言うオールドエリートのスタイルで働いており、恥ずかしい限りでした。

毎日、満員電車に揺られて通勤し、日々1を10にする(10にもできていないかもしれないが)ような仕事をしています。

なんとなく書店で平積みされていたこの本を手に取り、買って読みましたが、

ふと自分のワークスタイルを振り返り、もっと社会貢献できる(自分の生産性をフル発揮する)仕事の仕方があるんじゃないかと考えるようになりました。

この本は日本で働く平均的なサラリーマンの皆さんに新しい時代の働き方を投げかけると思います。ぜひ読んでみてください!

記事が役に立った場合は下記のランキングをクリックいただけると嬉しいです。

サラリーマンランキング

中小企業診断士ランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 勉強しているサラリーマンへ にほんブログ村