地方公立高校から東京大学に入るためにしたこと 3つ

地方公立高校から東京大学に入るためにしたこと 3つ

こんにちは!

東大卒30代営業マンのタカです。

 

今日は少し昔話で東大受験の話をしたいと思います。

私は地方の市立中学→県立高校→東京大学と進学をしてきました。

 

東大に入った後に感じましたが、

周りを見渡すと開成や灘といった私立名門校や筑波大付属駒場や学芸大付属などの国立出身者だらけ。

なんでもない地方公立高校から東大に入るのは少数派なのです。

 

今日はそんな私が東大に入るためにしたことを書いていきます。

現役の学生やこれから子供の進学先を考える方に届けば嬉しいです。

 

公立高校から東大に入るのは少数派

公立高校から東大に入るのは少数派です。

文部科学省のサイトによると、私立高校の学生は全高校生のおよそ30%を占めますが、

その私立高校生が東大合格者の6割を占めるのです。

大多数を占める公立高校生が東大合格者に占める割合は3割になります。

 

○高校の学生数 (平成22年) ※文部科学省サイトより引用

区分 在学者数
国立 公立 私立(A) 計(B) 私立の割合(A/B)
高等学校 8,751人 2,357,261人 1,002,681人 3,368,693人 29.8%

 

 

そして、その公立高校からの合格者も中を見ると都立日比谷や浦和(埼玉)など特定の名門校が多いです。

私の出身公立高校は数年に一回しか東大生が出ないため、

もちろんこのあたりのランキングとは無縁です笑

 

地方公立高校から東大に入る上で一番むずかしいこと

そんな地方公立高校から東大に入るにあたっては

・全国の東大受験生のレベルに合わせること

・東大受験のノウハウを仕入れること

が何より大事です。

 

全国の東大受験生のレベルに合わせること

地方公立高校で勉強していると、東大受験生のレベルがわからないまま、

自分の高校の中でガラパゴス化して成長していってしまいます。

 

東大を地方公立高校から目指そうと思う人は、

おそらく高校の学年内では成績上位には入っていると思うのですが、

どうしても所属集団の中で成績上位に入っていると安心してしまいます。

 

ただ、実際に東大受験で戦う相手は同じ高校の同級生ではなく、

全国の名門私立高校や国立高校の生徒が相手になるため、

高校内での成績に満足することなく勉強をしていくことが大切です。

 

東大受験のノウハウを手に入れる

    2点目は東大受験のノウハウを手に入れることです。
    東大の試験問題は他の大学に比べて、
    ・科目数が多い
    ・記述問題が多く、単に知識を問う問題が少ない

ことが特徴として挙げられます。

 

東大入試を突破するには、普通の高校の学習範囲をマスターした上で、

東大入試用の対策をしなければ合格は難しいです。

 

この東大入試への対策は高校では教えてくれないので、

ここもなんとかしなければならないポイントです。

 

私が公立高校から東大に入るためにしたこと 3つ

高校1年生から東大に向けて勉強をする

東大を目指す上では、高校3年生の1年間で「受験勉強」をやっていくのはかなり大変です。

高校1年生から少しずつ勉強していけば3年後にはかなりアドバンテージになるもの。

 

少し恥ずかしいかもしれませんが、

高校1年生のときから目標として東大に入ることを心に決めることが大事です。

 

私立高校や国立高校の同級生にキャッチアップするためには早い段階からの積み重ねが大切です。

 

苦手科目を作らない

もちろん、科目ごとの得意不得意は出てきてしまいますが、

東大入試では英語・国語・数学・理科・社会を満遍なく解く必要があります。

 

私立大学であれば学科によって英語の点数が取れれば入れたり、

特定の科目ができれば良い場合もありますが、

東大入試では全科目がしっかりできることが大切です。

 

苦手科目にならないように高校の授業には食らいついていく必要があります。

 

東大合格者の多い予備校に通う

先に記載したとおり公立高校から東大に入るためにネックになるのがこの2つ。

・全国の東大受験生のレベルに合わせること

・東大受験のノウハウを仕入れること

 

これらを手っ取り早くなんとかするためには、

東大合格者が多い予備校に通うことが大切です。

 

予備校は高校の近くにもあったりすると思うのですが、

高校の近くの予備校ではなく、

東大合格者を毎年排出しているような大きい予備校に行きましょう。

 

大きい予備校に行けば、東大受験生のレベルに合わせることも、

東大受験のノウハウを手に入れることも可能です。

 

私も高校のときは少し遠くの駿台予備校まで通っていました。。。

 

まとめ

今日は少し趣向を変えて、大学受験について書いてみました。

ニーズありますかね?

 

よく公立高校から独学で東大に入る話とかが話題になったりしますが、

効率を重視するなら予備校はしっかり選んで行ったほうがいいのです。

 

あくまで確率論なので、独学で入れないわけではありませんが、

公立高校生がネックになるのは東大の情報。

それを手に入れるためには予備校に行ってしまったほうがベターです。

 

記事が役に立った場合は下記のランキングをクリックいただけると嬉しいです。

 

サラリーマンランキング 中小企業診断士ランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 勉強しているサラリーマンへ にほんブログ村