学校の勉強だけでは英語が話せない事実

学校の勉強だけでは英語が話せない事実

東大卒30代営業マンのタカです。

 

私、東大を卒業したのですが、英語が喋れませんでした(笑)

意外とそんな東大卒は割といるのです。

 

もちろん、東京大学に入るためには入試で英語のテストを受験しなければなりません。

英単語を覚えたり、文法を覚えたりと英語の勉強はしたはずなのですが、日常の英会話ができるかというとできないのです。

 

そんな私も、営業マンになってから、外国の人と商談やミーティングをする必要が出てきました。

ヤバいと思い、改めて英語を勉強しなおし、なんとか自分の英語力を「話せる英語」に変えることができました。

さすがにネイティブ並みには話せないですが、旅行で困ることは特になく、ビジネスのミーティングもなんとかこなせるようになっています。

 

中学・高校で英語を学んでいるのに英語が話せない理由について、今日は実体験をもとに私の考えをまとめました。

 

学校の英語学習=読むための勉強

中学や高校の英語の授業は「英語を読む」ことに力点があります。

これは高校入試や大学入試で課されている能力が「英語を読む」能力だからに他なりません。

 

もちろん、最近は外国人の先生による英会話の授業なども始まっているようですが、まだ授業メインは読むこと(リーディング)にあると感じています。

 

例えば、例文を訳すときも

Compared to last year, this year’s school festival was a huge success.

「去年と比べると、今年の学園祭は大成功だった」

というように英語に対して、日本語を対比して翻訳していきます。

 

読む練習としては良いのですが、このような読む学習だけだと英語を聞いたときに一度日本語に翻訳しないと頭の中で処理できなくなってしまうのです。

 

経験あるかもしれませんが、英語を聞いたときに日本語に訳して理解しようとすると1テンポ遅れてしまって会話に着いていけません

自分から話そうとするときも日本語の単語を一つずつ英語に置き換えていくことになるので、どうしてもテンポよく話せないのです。

 

英語を話すには会話の練習が大事

アタリマエのことに聞こえてしまうかもしれませんが、読む能力と話す能力は別物です。

 

英語を読むのであれば「読む練習」

英語を話すのであれば「話す練習」

が必要です。

 

TOEIC(L&R)が600点程度取れるのであれば、話す練習に移ったほうが使える英語になる。

TOEIC(L&R)が600点に満たない場合は、まだ英単語や英文法の基礎が怪しい可能性があるため、今一度読む能力を見直す。

ことが大事です。

 

まさに私の言いたいことと一致している記事を見つけたので、是非見てみてください。

東進予備校の英語講師/安河内氏は社会人も読む能力偏重の学び方になっていると警鐘を鳴らしています。

英語に100万円かけるなら、スピーキングだ

 

話す練習はオンライン英会話がベスト

英語を話すためには話す練習を繰り返すことが大切です。

話す練習をするには英会話教室かオンライン英会話が身近な選択肢です。

 

2つを比較すると・・・

○英会話教室

【メリット】

・本業の英会話講師が教えてくれる

【デメリット】

・お金がかかる

・仕事の後や休日の時間確保ができない

 

○オンライン英会話

【メリット】

・安い(月5千円〜1万円)

・講師の国との時差を活かして出勤前の早朝や、帰宅後の深夜にもできる

【デメリット】

・講師は大半は本業ではないため、結構当たり外れがある

といった感じです。

 

社会人は時間の確保が難しいので、時間に余裕がある人以外はオンライン英会話から始めてみるのが良いと思います。

 

オンライン英会話の体験談はまた別の記事で書く予定です。

乞うご期待!

 

記事が役に立った場合は下記のランキングをクリックいただけると嬉しいです。


サラリーマンランキング


中小企業診断士ランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 勉強しているサラリーマンへ
にほんブログ村